Iラインの自己処理をいろいろ試した結果

Iラインの自己処理について

近年とてもポピュラーになってきた女性のアンダーヘア処理。

「ハイジニーナ脱毛」とかよく聞きますよね。多くの脱毛サロンで様々なキャンペーンが打ち出されてかなりお手頃になってきました。

とはいえ洋服の下にそんなお金をかけるなんて馬鹿らしい!とか、問い合わせだの契約だの面倒!とか、他人様に処理してもらうなんて恥ずかしい。。などなど、サロンに通うことに気のすすまない方もやっぱりいますよね。

となると行き着くのが手軽な自己処理です。

Iラインの自己処理

Iラインの自己処理に悩む女性

ハイジニーナといえば、Vライン、Iライン、Oラインの3つのラインのことを言いますが、その中でも特に自己処理の際に気を付けたいのがIライン!

たとえばVラインはおへそ周りの気になる産毛と一緒に処理できたり、Oラインは元々少なくて気にならない方が多いですよね。

それに比べてIラインは自分でも見えにくい部分である上に、デリケートなところに一番近い部分!そして生理のときの衛生面とか楽さを考えたら全部無くしてしまいたいという方が少なくない部分なのです。

ならばどのように自己処理をしましょうか。

処理方法もあれこれと情報が溢れていますね。本当にいいのはどれだろう?と迷ったことはありませんか?また、まさに今自己処理デビューしようとして迷ってはいませんか?なかなか人には聞きにくいことですしね。

そこで!

サロン通いの経験もあるうえで自己処理もあれやこれやと試した私が、そんな迷える方々の助けになればと思い、一般的な口コミなども踏まえたうえでやっぱりこの方法が一番だ!と思える処理方法をご紹介します!

Iラインがすっきりするだけですごく快適になりますよ。是非参考にしてください

一般的なIラインの自己処理いろいろ

まず一般的にある処理方法を挙げてみましょう。

  • 剃る(かみそり、電気シェーバーetc.)
  • 抜く(毛抜、家庭用脱毛器etc.)
  • 焼く(ヒートカッターetc.)
  • 溶かす(除毛クリームetc.)

大きく分けてこの4つでしょうか。

同じ方法であっても使う器具によっても仕上がりがまったく違ったりします。それを踏まえたら選択肢はさらに多くなりますね。

それぞれに手軽さ、費用面、安全面などにおけるメリット・デメリットがあり、体のどの部位に使用するかで使い分ける方が多いようです。

さて、この中でIラインにぴったりなのはどれでしょう。

デリケートなIラインは安全第一

Iラインは粘膜のすぐ横ですから本当に気をつけて処理したいところ。粘膜を傷つけて細菌が入っちゃいましただなんて笑えないことにならないようにしましょう。

そんなリスクを最小限に防いで、尚且つ手軽に処理するならば、フェイス用電動シェーバーで剃るです

フェイス用電動シェーバーで剃る

前にも言ったとおり、同じ方法でも使う器具によって仕上がりは違います。またその安全性もかなり違ってくるのです。

剃るという方法はかなりポピュラーで手軽な処理方法ですが、場合によっては肌に傷を作ってしまいがちな方法ですね。しかし!このフェイス用電動シェーバーを使うことで安全性はかなり高くなり、肌への負担がぐっと軽減するのです!

では逆に、どうして他の方法がだめなのか簡単にご説明します。

リスクの高いIラインの自己処理方法
  • 抜く(毛抜、家庭用脱毛器etc.)

まずは抜く。抜くのは痛みが伴う上に時間もかかります。そして一度は綺麗になったとしても抜いたことで埋没毛となることもあり、その後の見た目が悪くなる可能性があります。

実際私もその状況に直面したことがあり、綺麗に直すのに時間がかかりました。なのでおすすめしません。

  • 焼く(ヒートカッターetc.)

次に、焼く。ありきたりですがやはり火傷のリスクは大きいですね。毛先が丸まるのでちくちくしなくていいというメリットもありますが、できれば避けてあげたいリスクです。

  • 溶かす(除毛クリームetc.)

最後に、溶かす。除毛クリームも安く手に入ってお手軽ですね。けれど薬品ですから、Iラインのようなデリケートな部分に使ってかぶれてしまったりしたときのことを考えると、うーん、です。拭き取る際の摩擦も気になりますし、いまいちかなぁと思います。

そして知っていていただきたいのが、実は、オススメのフェイス用電動シェーバーも百点満点ではないのです。

というのも、あくまでもフェイス用ですから、本来は陰毛のような太さのある毛を剃るのには向いていません。販売元もそのような使用方法を想定して作ってはいません。けれど、同じくデリケートなお肌をしている顔に使うものであるからこそ、安全に使用することができる!良し悪しが表裏一体といった感じですね。

そしてなんといっても、気になったときには気軽に使用することができます。剃るのでは生えてくるのも早いですが、大事な部分ですから是非とも面倒くさがらずにお手入れしてあげてください。

Iラインの自己処理まとめ

Iライン自己処理まとめ

剃るという一番基本的な方法ではありますが、いろいろ試してみた経験上一番安全でお手軽です。デリケートなIラインですからリスクは最小限にしてあげましょう。

周りの女の子にも相談された際にはこれをオススメするのですがみんな最初は面倒くさがります。けれど他の自己処理方法で失敗したあとになってこの方法に戻り、やっぱりちょっと頻度は多く手入れしなくちゃいけないけれどこれが一番安心だと言う子がほとんどです。安全な自己処理で、快適な毎日を過ごしてくださいね!

Iラインの処理は当たり前!自己処理を続ける?サロンにする?

Iラインの処理は今当たり前のようになってきており、処理をする事で、生理中の不快感を軽減したり、水着や可愛らしい下着などを身につけたりする時もはみ出しが気になったりせず、いわば身だしなみのように定着しつつあります。

自己処理の方法はどうしてる?

自己処理方法

Iラインの処理はどうしているのか?なんて他の人にとても聞きづらい内容だとは思いますが、だいたいの人は自己処理をおこなっている場合がほとんどです。

 

自己処理といっても脱毛クリームを使う人もいれば、電動シェーバーを使う人もいたり、カミソリを使っている人もいるでしょう。基本的にはTカミソリで自己処理をおこなうと、毛先が鋭くカットされるため、伸びてきた時にチクチクとした不快感がうまれ、痒みなどの原因にもなりますのでおすすめはできません。

脱毛クリームであれば滑らかに保てますが、敏感な肌の部位なので、肌が弱い人には不向きな方法です。電動シェーバーは深剃りをせず、皮膚を削ってしまうという事もないので、初心者の人などにはおすすめです。

お風呂場でも使えるものがあり、毛の長さを揃えれる調整付きのものもあります。それであればIラインはもちろんですが、Vラインもお手入れが可能。石鹸をつけて処理もできるので、滑らかな仕上がりになります。

脱毛サロンと自己処理の違い

自己処理は手っ取り早くて費用もかからなくて済みますが、肌への負担は大きいのが現状です。毛はすぐ伸びてくるので、2・3日もしたら伸びてきてしまいます。

一方脱毛サロンでは照射などをおこない、抑制してだんだん毛質を柔らかく薄くしていき、肌も綺麗にしてくれる。そしてやがては生えてくる周期も遅くなり、量も減り、生えてこなくなるといった感じです。

完全に綺麗にしたい人にはとてもおすすめなんですが、それでも自己処理をしてる人が多い理由は、施術時にサロンの店員さんにIラインを見られる抵抗感や、費用の問題です。それがクリアできる人であれば自己処理よりサロンの方が先々の事を考えると1番良い方法と言えます。

自己処理を続けていくために

1度自己処理をしてしまうと、その後も気になって自己処理を繰り返していると思いますが、安全に不快感なく自己処理をしていくためには、使うものをちゃんと選ぶ事。

自宅でもできる脱毛機器は今、フェイスはもちろんIラインなどもできるようなものがあります。フェイスの脱毛は専門サロンでしかおこなえないものなので、自宅でそれが安全にできるのは嬉しいですし、Iラインなどのデリケートゾーンにも対応なので1つあれば重宝します。

自宅でサロンなみの処理ができるので、肌への負担もなく、不快感も取り除く事ができます。また、カミソリを使う場合でも、滑りの良いものを塗ってからおこなうだけでも違いが出てきます。あとカミソリは鋭過ぎない安全設計のものを使うなどすると良いと思います。自己処理はきちんとやれば、埋没毛など肌や毛穴のトラブルも回避できます。

安全かつ綺麗に仕上げたいなら脱毛サロンも検討

脱毛サロン

Iラインの自己処理を紹介しましたが、脱毛サロンも検討してもいいかもしれません。最近ではハイジニーナ脱毛といって、VIOの脱毛が当たり前になってきています。

その中でもIラインの自己処理は、手間や自己処理の難しさで脱毛サロンで処理している女性が増えてきています。

Iラインだけでなく、VラインやOラインの処理も楽になる上に、プロにやってもらえることで綺麗な仕上がりになります。

脱毛サロンなら(医療クリニックではなく)痛みも少なく、費用も10,000円前後となっているので、1度検討してみてもいいかもしれません。

参考 http://xn--io-ng4awlwby488b2rb336br27b.com/

Iライン処理後のブツブツに悩むこともなくなる

Iラインの自己処理をしても、毛根が残っていることから皮膚の上に処理した陰毛の断面が出てくることでブツブツになってしまいます。脱毛をしてしまえば陰毛自体がはえてこないためブツブツになることもないので、スベスベなIラインを手に入れることができます。

アンダーヘアのIラインやVラインの自己処理方法

私が行っているアンダーヘアのIラインやVラインの自己処理方法を紹介します。

まず、新聞紙やキッチンペーパーを敷きます。その上に、体育座りしてあしをひらきます。そして、Iラインが見えるように鏡を置きます。鏡は角度が調整できるものが便利です。

Iラインシェーバー

ハサミかヒートカッターを用意します。ヒートカッターはコームの中に電熱線があり、その部分で毛を焼き切る仕組みなので、カットする時は、少しずつでないと切れません。またこげ臭くなるので、換気しながら行いましょう。少しずつ切る手間がかかりますが、下着や水着から毛が突き抜けることはありませんので安心です。早く済ませたい人は鼻毛用ハサミがオススメです。

衛生面を考えて、新品を用意しましょう。刃先が丸くなっているので肌を傷つけにくいです。

どちらでカットする場合も少量の毛束を持ち、根元から少し離れた場所を切ります。まずは粘膜から離れている足側から始めてください。鏡の角度を調整しながら、見やすい角度にして少しずつカットしていきます。これで長さの調整は出来ました。次は、水着や下着から出てしまう部分を処理します。

この工程はお風呂場で行うのがおすすめです。

Iライン用のカミソリとシェービングクリーム

Iライン用のカミソリ

用意するのは、Iライン用のカミソリとシェービングクリームです。シェービングクリームは肌が負けないかどうか、事前に少しだけ塗ってチェックしておきましょう。水着を着用する直前で荒れてしまっては大変です。

そして、あらかじめ水着を履いて、どの辺が出てしまうのか把握しておきましょう。その部分にシェービングクリームを塗ります。粘膜に付かないように慎重に行ってください。あとはアイライン用のカミソリで剃ります。剃り終えたら、きれいに流してください。これで終了です。

再度、水着を着てみてはみ出る部分がないかチェックしてみて下さい。はみ出る部分があっても、当日にまた剃ってしまうと肌に負担がかかるので、次の日に剃り残したところを剃るようにしてください。

肌が弱い方は電気シェーバーを使うと、肌への負担は少ないです。

粘膜はデリケートな部分ですので、なるべく水着からでない最小限にとどめましょう。毛抜きで抜く方法は埋没してしまったり、出血や炎症の原因にもなるので、極力避けた方が良いと思います。もしもかぶれてしまった時は、すぐに皮膚科に行きましょう。

Iラインを自己処理!やりにくいけどメリットはたくさん!

以前から欧米ではアンダーヘアのお手入れをすることは常識と言われていましたが、ここ数年で日本人女性にもかなりその意識は定着してきたように思います。アンダーヘアは正面から見える毛をVライン、性器のまわりに生えている毛をIライン、肛門のまわりに生えている毛をOラインと呼んで分類されています。

Iライン

なかでも、Iラインの毛には少々やっかいな思いをさせられている人も多いのではないでしょうか。下着や水着からはみ出したり、下着の中でオリモノが付着してからまって痛い思いをしたり…。

そもそも毛というものはデリケートな部分を保護する目的があるので、性器まわりのIラインに毛があるのは納得できますが…はっきり言って邪魔なだけですよね!

Iラインの自己処理のメリット|デリケートゾーンの臭い対策

Iライン自己処理

実際、Iラインから毛が無くなると快適なことが多いのです。まず、臭いを大幅に軽減できます。女性のアソコは少なからず臭いものですが、Iラインの毛に尿やオリモノや経血が付着して空気に触れることでさらに助長します。

また、性交渉時の性病予防にもなります。Iラインの処理は身だしなみの問題だけでなく、デリケートゾーンを清潔に保てるというメリットもあるのです。

Iラインの自己処理方法|デリケートゾーン専用のものを使用

自己処理をするなら、カミソリや脱毛クリームなどが一般的ですが、Iラインに至ってはこれも実にやっかいなんですよね…。場所が場所だけにとてもやりにくく、また、その時の体勢の情けなさ…。

その上デリケートな部位なので危険でもあります。カミソリを使用する場合はまず、保湿クリームを塗って皮膚を柔らかくしてから行いましょう。デリケートゾーン専用の低刺激なものが望ましいですね。

カミソリはできるだけ小ぶりのもので刃の部分がしなやかに曲がるタイプのものが皮膚にフィットするのでやりやすく、安全でしょう。Iラインは毛の生え方が一方向ではなく複雑なのでやりにくいです。落ち着いてゆっくりと処理しましょう。

脱毛クリームはもちろんデリケートゾーン専用のものを。説明書をよく読んで慎重に行い、処理後は保湿してケアしましょう。シェーバーは非常に危険ですから、専用のものであってもオススメできません。また、アンダーヘアは太くて硬いので毛抜きを使うと痛みを強く感じるでしょう。炎症を起こすなど肌トラブルの心配もあるので避けたほうがいいでしょう。

自己処理は大変ですが、Iラインに毛が無いのは本当に快適ですよ。

Iラインを含むデリケートゾーンはブラジリアンワックスで処理

デリケートゾーン・アンダーヘアの処理は今や当たり前のマナーのようになっていますが、女性同士でも実際皆がどうやって処理をしているかまでは分からない事が多いです。

処理をするにもシェーバーやクリーム、脱毛サロンなど色々と手段はありますが、デリケートゾーンという敏感で傷つきやすい場所なのでどうやって処理をすべきかは悩むところです。

例えば、デリケートゾーンでもVライン・Iライン・Oラインとありますが、Vラインはまだ見えやすいので自分自身で処理がしやすい場所です。

それではIラインやOラインはどうでしょうか。特にIラインは傷ついて菌が入ると大変な場所ですので、なるべく衛生的で安全な手段での処理をしたいですね。

Vライン・Iライン

Iラインを含むデリケートゾーンの処理について代表的なものは3つあります。

  • ブラジリアンワックス
  • シェーバー
  • 除毛クリーム

Iラインを含むデリケートゾーンはブラジリアンワックスで処理

ブラジリアンワックスで処理

私はIラインを含むデリケートゾーンは、ブラジリアンワックスで処理をしています。

何故私がブラジリアンワックスを選ぶかというと、成分がはちみつやオリーブオイル等の天然・自然の物でできているので成分自体は肌への負担が少ない事が一番の魅力です。

また自分で簡単に作る事もできますし、市販での購入も可能だからです。ブラジリアンワックスの使い方は、処理をしたい毛にワックスを塗り、布等でおさえ一気に剥がすというやり方です。最初は痛いのですが、ワックスの成分であるハチミツや砂糖・オイル等の保湿成分で肌は柔らかな状態ですし、剥がした後は化粧水をたっぷりつけてあげ保冷剤で冷やす事で私は肌にも問題はおきていません。

個人差はあると思いますが、処理をしてから一カ月程は綺麗な状態が続きます。ただ、ある程度毛が伸びている状態でないと処理ができない為、少し生えてきた状態では使えない事が欠点です。

シェーバーでの処理の場合は衛生面に注意

シェーバー

シェーバーでの処理の場合は、刃の方向や力加減には気を付け、衛生面もしっかりとしておかないと危険です。一番一般的な処理法かもしれませんが、生えてきた時のチクチク感と痒みはデリケートゾーンの場合はとても辛いので、しっかりと肌のケアも同時に行う必要があります。

除毛クリームで処理の場合は低刺激

除毛クリームで処理

除毛クリームで処理を行う場合は、なるべく低刺激・できればデリケートゾーン専用であったりデリケートゾーンにも使用が可能なクリームを選ぶ事をおすすめします。

除毛クリームは一番簡単な処理の仕方のようにも思えますが、毛を溶かしての処理が一般的ですので、お肌が弱い場合は使えるクリームは限られてしまうのが難点です。

どの方法で処理を行う場合でも、衛生面はしっかりと保ちながら、慎重に処理を行い、保湿等のアフターケアも怠らない事が重要です。

夏に向けてIラインの自己処理はどうする?

夏に向けて必ず問題になってくるIライン問題。

水着になる機会が増え、また生理の際は必ずと言っていいほど悩ませますね。

そこで週一で水着になる機会が多い私(というのも私は今バンコク在住でして、週末は旦那さんとコンドミニアムに付いているプールで泳いでいます。ここでは毎日が夏です、Iライン問題が常によって隣にいるわけなんです)

まず私のIライン処理方法は3段階に分かれています。といっても1行程5分で終わるので面倒な事はありません。まずはIラインのカットです。

眉毛切り用の小さいハサミでIラインのカット

自己処理用ハサミ

私はいつも眉毛切り用の小さいハサミを清潔にし(気になる方は熱湯消毒をして下さい)下着ラインからはみ出ている毛をカットしていきます。

ポイントとしては足を何度か組み換えしたりしてる際に明らかに流れに沿ってない毛と言えばいいでしょうか。(またここでいう下着とはTバックを想像して下さればいいかと、いわゆる面積が極端に少ない下着です)

1行程ずつ終わるたびに是非していただきたいのが、肌を清潔に保つ一手間です。

私は脱脂綿(生理の日や外出先でサッと拭ける1枚1枚パックされているシートタイプ)(もし見つからなければ赤ちゃんのお尻拭きシートでも大丈夫です)でさっと全体を拭きます。

T字カミソリで全体を剃る

次にT字カミソリで全体を剃ります。上から下からと剃る方向に疑問がある方が多いかと思いますが、私はあえて横からゆっくり剃っています。

大体斜め20度〜30度位の角度で肌に当たるようにゆっくり剃ります。ここで大事なのは完璧を求めないこと。何度も同じ箇所を剃ってはいけません。ばい菌が入る可能性がらあるからです。必ず一箇所1剃りにして下さい。この行程が終わってからも必ず脱脂綿やお尻拭きシートで清潔にして下さいね。

最後に毛抜きで仕上げていきます。毛抜きと聞くとかなり痛いイメージがあるかと思いますがちゃんと毛の方向に剃って抜くと思ったより痛くないのです。

T字カミソリで剃りきれなかった部分を中心に抜いていきます。

まずは毛抜きの準備ですが、通常使っていただいてる眉毛の毛抜き等で大丈夫ですが、マストでしていただきたいのが熱湯消毒です。この段階の肌はかなりナイーブですので清潔を保つという意味からも必ずして下さいね。

では、抜いていく際の注意点。必ず毛の方向に向かって毛を掴み、一本一本抜いて下さい。たまに近くの毛と2本一緒にといつもより力を込めて抜くという方がいますが、絶対にやめてください。肌を痛めます。

またここでの毛抜きと肌との角度は低くが鉄則です。10〜20度位が私はベストかと思います。角度が高すぎると毛は毛根から抜けません。中途半端な毛が残ってしまいます。

この簡単な3行程でいつでもツルツルした、Iラインをゲット出来ます。是非お試し下さいませ。