Iラインの処理は当たり前!自己処理を続ける?サロンにする?

Iラインの処理は今当たり前のようになってきており、処理をする事で、生理中の不快感を軽減したり、水着や可愛らしい下着などを身につけたりする時もはみ出しが気になったりせず、いわば身だしなみのように定着しつつあります。

自己処理の方法はどうしてる?

自己処理方法

Iラインの処理はどうしているのか?なんて他の人にとても聞きづらい内容だとは思いますが、だいたいの人は自己処理をおこなっている場合がほとんどです。

 

自己処理といっても脱毛クリームを使う人もいれば、電動シェーバーを使う人もいたり、カミソリを使っている人もいるでしょう。基本的にはTカミソリで自己処理をおこなうと、毛先が鋭くカットされるため、伸びてきた時にチクチクとした不快感がうまれ、痒みなどの原因にもなりますのでおすすめはできません。

脱毛クリームであれば滑らかに保てますが、敏感な肌の部位なので、肌が弱い人には不向きな方法です。電動シェーバーは深剃りをせず、皮膚を削ってしまうという事もないので、初心者の人などにはおすすめです。

お風呂場でも使えるものがあり、毛の長さを揃えれる調整付きのものもあります。それであればIラインはもちろんですが、Vラインもお手入れが可能。石鹸をつけて処理もできるので、滑らかな仕上がりになります。

脱毛サロンと自己処理の違い

自己処理は手っ取り早くて費用もかからなくて済みますが、肌への負担は大きいのが現状です。毛はすぐ伸びてくるので、2・3日もしたら伸びてきてしまいます。

一方脱毛サロンでは照射などをおこない、抑制してだんだん毛質を柔らかく薄くしていき、肌も綺麗にしてくれる。そしてやがては生えてくる周期も遅くなり、量も減り、生えてこなくなるといった感じです。

完全に綺麗にしたい人にはとてもおすすめなんですが、それでも自己処理をしてる人が多い理由は、施術時にサロンの店員さんにIラインを見られる抵抗感や、費用の問題です。それがクリアできる人であれば自己処理よりサロンの方が先々の事を考えると1番良い方法と言えます。

自己処理を続けていくために

1度自己処理をしてしまうと、その後も気になって自己処理を繰り返していると思いますが、安全に不快感なく自己処理をしていくためには、使うものをちゃんと選ぶ事。

自宅でもできる脱毛機器は今、フェイスはもちろんIラインなどもできるようなものがあります。フェイスの脱毛は専門サロンでしかおこなえないものなので、自宅でそれが安全にできるのは嬉しいですし、Iラインなどのデリケートゾーンにも対応なので1つあれば重宝します。

自宅でサロンなみの処理ができるので、肌への負担もなく、不快感も取り除く事ができます。また、カミソリを使う場合でも、滑りの良いものを塗ってからおこなうだけでも違いが出てきます。あとカミソリは鋭過ぎない安全設計のものを使うなどすると良いと思います。自己処理はきちんとやれば、埋没毛など肌や毛穴のトラブルも回避できます。

安全かつ綺麗に仕上げたいなら脱毛サロンも検討

脱毛サロン

Iラインの自己処理を紹介しましたが、脱毛サロンも検討してもいいかもしれません。最近ではハイジニーナ脱毛といって、VIOの脱毛が当たり前になってきています。

その中でもIラインの自己処理は、手間や自己処理の難しさで脱毛サロンで処理している女性が増えてきています。

Iラインだけでなく、VラインやOラインの処理も楽になる上に、プロにやってもらえることで綺麗な仕上がりになります。

脱毛サロンなら(医療クリニックではなく)痛みも少なく、費用も10,000円前後となっているので、1度検討してみてもいいかもしれません。

参考 http://xn--io-ng4awlwby488b2rb336br27b.com/

Iライン処理後のブツブツに悩むこともなくなる

Iラインの自己処理をしても、毛根が残っていることから皮膚の上に処理した陰毛の断面が出てくることでブツブツになってしまいます。脱毛をしてしまえば陰毛自体がはえてこないためブツブツになることもないので、スベスベなIラインを手に入れることができます。