Iラインを含むデリケートゾーンはブラジリアンワックスで処理

デリケートゾーン・アンダーヘアの処理は今や当たり前のマナーのようになっていますが、女性同士でも実際皆がどうやって処理をしているかまでは分からない事が多いです。

処理をするにもシェーバーやクリーム、脱毛サロンなど色々と手段はありますが、デリケートゾーンという敏感で傷つきやすい場所なのでどうやって処理をすべきかは悩むところです。

例えば、デリケートゾーンでもVライン・Iライン・Oラインとありますが、Vラインはまだ見えやすいので自分自身で処理がしやすい場所です。

それではIラインやOラインはどうでしょうか。特にIラインは傷ついて菌が入ると大変な場所ですので、なるべく衛生的で安全な手段での処理をしたいですね。

Vライン・Iライン

Iラインを含むデリケートゾーンの処理について代表的なものは3つあります。

  • ブラジリアンワックス
  • シェーバー
  • 除毛クリーム

Iラインを含むデリケートゾーンはブラジリアンワックスで処理

ブラジリアンワックスで処理

私はIラインを含むデリケートゾーンは、ブラジリアンワックスで処理をしています。

何故私がブラジリアンワックスを選ぶかというと、成分がはちみつやオリーブオイル等の天然・自然の物でできているので成分自体は肌への負担が少ない事が一番の魅力です。

また自分で簡単に作る事もできますし、市販での購入も可能だからです。ブラジリアンワックスの使い方は、処理をしたい毛にワックスを塗り、布等でおさえ一気に剥がすというやり方です。最初は痛いのですが、ワックスの成分であるハチミツや砂糖・オイル等の保湿成分で肌は柔らかな状態ですし、剥がした後は化粧水をたっぷりつけてあげ保冷剤で冷やす事で私は肌にも問題はおきていません。

個人差はあると思いますが、処理をしてから一カ月程は綺麗な状態が続きます。ただ、ある程度毛が伸びている状態でないと処理ができない為、少し生えてきた状態では使えない事が欠点です。

シェーバーでの処理の場合は衛生面に注意

シェーバー

シェーバーでの処理の場合は、刃の方向や力加減には気を付け、衛生面もしっかりとしておかないと危険です。一番一般的な処理法かもしれませんが、生えてきた時のチクチク感と痒みはデリケートゾーンの場合はとても辛いので、しっかりと肌のケアも同時に行う必要があります。

除毛クリームで処理の場合は低刺激

除毛クリームで処理

除毛クリームで処理を行う場合は、なるべく低刺激・できればデリケートゾーン専用であったりデリケートゾーンにも使用が可能なクリームを選ぶ事をおすすめします。

除毛クリームは一番簡単な処理の仕方のようにも思えますが、毛を溶かしての処理が一般的ですので、お肌が弱い場合は使えるクリームは限られてしまうのが難点です。

どの方法で処理を行う場合でも、衛生面はしっかりと保ちながら、慎重に処理を行い、保湿等のアフターケアも怠らない事が重要です。